野球部OB会

4.12

2021

​硬式野球部支援活動のご報告
バッティングマシーン.JPG
硬式野球部監督亀田先生と硬式野球部の皆さん
​新しいバッティングマシーンの前で(盡性園の野球場にて)

1.1

2021

【受付終了】硬式野球部支援のお願い

硬式野球部OB会では、九段中等教育学校硬式野球部を支援しようという活動を始 めました。 尽性園で使用するピッチングマ シンを購入するための寄付を募ります。 一口2,000円、何口でも結構です。 目標額100万円、期限は2021年   1月末 まで。野球部OBでなくても大歓迎ですので、九段の同期・ご友人にもお声がけいただけると幸いです。お振込み頂きましたら、お名前・卒業回・ ご連絡先を下記アドレスまでお知らせくだ さい。会計報告をさせて頂きます。たくさ んのご支援をお待ちしています。

Eメール: KudanBaseballOB@gmail.com

詳細は、こちらをクリックして添付の書面をご参照ください。

11.30

2019

​九段高校硬式野球部OB会を開催

令和元年1130日、硬式野球部の高19回から23回生を中心としたOB会を開催した。「年末の多忙の中」との発言もあったが、大半は既に「サンデー毎日」状態なので、驚異的な高出席率であった。そして、現役の頃もそうであったが、開始時間の5分前には皆が勢ぞろいし、定刻に「乾杯」して始まった。

例によって、50年前の青春時代を思い起こす楽しいひと時を過ごすことが出来た。今回は、長澤修一君(投手、高20、写真後列左端)の対教育大附属戦のノーヒットノーランの好投に議論が集中した。驚くことに当の本人はおろか、グランドにいた選手全員が、その快挙を翌日の新聞で知ったそうだ。唯一、スタンドで応援していた大野豊さん(捕手、高15、元監督、右列3番目)がゲーム中から認知していたとのことだ。まさに「灯台下暗し」状態であったことが判明した。皆の解析で、「結果としてノーヒットノーランには成ったが、相手側のフォアボールでの出塁が多く、そのような記録に思いが至らなかったのだろう」との結論に落ち着いた。OB会終了時に井上博彰君(投手、高19、右列4番目)の愛用のカメラで集合写真を撮り、来年の再会を約し、散会した。次回は令和21128日(土)1630分〜、沖縄料理店「島」で開催です。中堅や若手の参加を期待します。因みに、当店の経営者はバレー部のOG(高19回)です。

幹事/高橋香男留(捕手、高20、右列1番目)、文責/柳川孝二(左翼、高22、右列5番目、2020年の菊友会総会で「宇宙の扉を開こう -球は転々宇宙間-」との題で講演します)

硬式野球部OB会写真.jpg